ベンゼン(加藤昂英)
/ Takahide KATO

科学コミュニケーションの”良いデザイン”を学び,考え,実践する人.

実践のモットーは,「”いま,ここ”にいる人に,科学とわたしはどう寄り添えるか?」

自己紹介

専門は物理有機化学.東京大学CASTに加入したのをきっかけに,サイエンスショーやワークショップ,展示を主軸とした科学コミュニケーションを行っています.最近は,言語学の研究者と共同で「ことば」を題材としたオンライン展示を設計・制作したり,デザイン学の知見をもとに効果的な科学コミュニケーション実践の創出に向けた手法を考えたりしています.中高一種教職免許状所持.

所属団体:UTaTané(副代表),すぎなみサイエンスフェスタ実行委員

最近の実践

アイデアをつくる(2019):参加者の創作活動を起点として,自発的な対話・交流を生み,科学・技術への理解を深化する展示

カガクのメガネで見るセカイ(2020):化学を伝えるスタンダードとしてのサイエンスショー

みるみるオノマトペ(2021):音象徴の可視化と交流を通じた,ことばやディスコミュニケーションについて考える展示

見て学ぼう!すぎなみの自然とその科学(2022):地域の科学資源が持つ価値を”そのまま”伝えることを通じた,その価値の維持・継承(社会的劣化の防止)を図る展示群

CASTの企画ができるまで(2022):企画の意図や制作背景を伝えることを通じた,科学コミュニケーター間のコミュニケーションの活性化と科学コミュニケーションに対する社会理解の増進を目指した解説

経歴

2017年4月 東京大学入学とともに,東京大学CASTで活動開始

2019年2月 UTaTanéで活動開始

2019年3月 第8回サイエンス・インカレ ファイナリスト(教育心理学の知見を活用した科学コミュニケーション実践の報告)

2020年3月 すぎなみサイエンスフェスタ実行委員会に加入

同上 東京大学CASTとして,化学コミュニケーション賞2019 審査員特別賞(団体)受賞

2021年3月 東京大学理学部化学科卒業

2022年4月~ 東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程在学中

著書・論文等

東京大学サイエンスコミュニケーションサークルCAST著「イラストでサクサク覚える 東大生の元素ノート」(すばる舎,2019) (一部執筆)

久保田祐貴, 加藤昂英, 一柳里樹. (2021). 参加者の自発的交流と参画を促す科学技術コミュニケーション 〜UTaTanéにおける2つの実践に基づく分析〜. 科学技術コミュニケーション, 28, 61-74. (査読付き論文,オープンアクセス)PDF

発表・講演等

加藤昂英, 藤田尚輝. (2019.3.2). 進化するサイエンスコミュニケーション~教育心理学・知的好奇心からのアプローチ~. 第8回サイエンス・インカレ.(口頭発表,審査あり)

久保田祐貴, 一柳里樹, 澤田和宏, 田中優之介, 加藤昂英. (2020.12.12). 虚偽情報を含む広告・見出し創作活動に基づく発信者視点でのメディア・リテラシー醸成の実践報告. 2020年12月教育工学会研究会(口頭発表,オンライン) / 研究報告集JSET20-4, 69–74. 

青井隼人, 加藤昂英, 韓東学, 久保田祐貴. (2021.11.16). 『みるみるオノマトペ』:言語研究を題材としたオンライン展示企画の協働開発裏話. リンディフォーラム:ウェビナーシリーズ(18). YouTube

加藤昂英. (2021.12.19). 「科学を伝える」ことを翻訳・デザインから考える―「カガクのメガネで見るセカイ」の実践例を交えながら―. 第21回全国科学教育ボランティア研究大会 in オンライン.(口頭発表)