奥本 素子
/ Okumoto Motoko

北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンターに設置されている、科学技術コミュニケーション教育研究部門 CoSTEP(Communication in Science & Technology Education & Research Program; コーステップ)で科学技術コミュニケータの養成プログラムを担当しています。担当はミニサイエンスイベントの企画立案のコースと、社会と科学技術を結ぶソーシャルデザインのコースです。

自己紹介

ポートフォリオ

Message

サイエンスコミュニケーターは、表に出て科学を説明するだけの存在ではありません。社会と科学の間にある様々な課題について、多角的な観点から橋渡しをしていきます。そのため、その活動範囲は幅広く、思わぬ形でお手伝いができるかもしれません。一度ご相談ください。

Carrer

経歴
2017年3月 – 現在 北海道大学 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP) 准教授 
2015年5月 – 2017年2月 京都大学 高等教育研究開発推進センター 特定准教授 
2009年10月 – 2015年4月 総合研究大学院大学 学融合推進センタ― 助教 
学歴
2006年4月 – 2009年3月

総合研究大学院大学文化科学研究科メディア社会文化専攻

博士(学術)

2003年10月 – 2005年6月

Northumbria University Museum, Gallery and Heritage Management

MA(Museum Management)

1999年4月 – 2003年8月

同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻

学士(文学)

Skills

  • サイエンスカフェ
  • サイエンスコミュニケーションに関する講師の派遣
  • オンラインコンテンツの開発
  • 産学連携
  • サイエンスとアートとのコラボレーション

Works

サイエンスコミュニケーションに関する産学連携

サイエンスコミュニケーションに関するテーマで、産学連携を行っています。これまで、地域課題や研究のシーズ調査などを行ってきました。

関わり方

産学連携の目的に沿ったスタッフを選定し、学術コンサルティングが産学連携プロジェクトを実施します。

【事例】

北空知信用金庫地域活性プログラム

NTTコミュニケーションズと共同で行ったサイエンス・カフェ札幌

アートな空間でのサイエンスコミュニケーション
差の湯の会の様子

アーティストと組んで、その場にあったサイエンスコミュニケーション空間を作ります。差の湯の会では、小さな空間で自由に話せるサイエンスコミュニケーションを行います。

関わり方

企画の趣旨に合ったサイエンスコミュニケーション空間を生み出すため、まず企画趣旨と実施する場の調査を行います。その後、実際にアーティストと話し合い、どのような場のデザインにするのか企画書を作成します。またゲストの選定もコーディネートします。

実施においては、ファシリテーターとして活動に参加可能です。また必要であれば、サイエンスコミュニケーション活動を質的に調査し、効果を検証します。

関連リンク 

サイエンスコミュニケーションの評価

質問紙を作成して、サイエンスコミュニケーション活動を調査します。例えば、CoSTEPのサイエンス・カフェ札幌では各カフェ共通のアンケートを用いて、形成評価を行っています。またこれらのアンケート調査の手法を教育プログラムとして展開することもできます。

評価に関するオンライン教材
関わり方

活動の目的に沿った調査計画立案し、質問紙を作成します。その後、質問紙で収集されたデータを統計的に処理をして、報告書を作成します。

また評価に関連する教育においては、講師として登壇するほか、イーラーニング教材やテキスト教材の開発も引き受けます。

関連リンク 

連絡先

個人サイトのコンタクト先

私はこれまでのの研究知見を活用し、科学技術コミュニケーションの社会実装に活用していく予定です。そのため、科学技術コミュニケーション活動と社会をつなぐご相談を受け付けています。イベント開催や広報誌制作、課題解決などを「請け負う」ものではありませんが、ご相談・ご依頼いただいた内容によっては協働や共同研究等に発展する可能性があります。